明日の夜明け
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神経が死ぬということ。
2011-10-13-Thu  CATEGORY: 日常

ヘビーな内容でお送りします。
いあ別にそんなヘビーでもないけど。





結構私とよく会話する人は、私が春から1~2ヶ月に一回ぐらい
歯痛くなって歯医者に通っていることを知ってるかもしれない。

簡単に説明すると、
 1.下顎の前歯から4つ右にいった歯が凹凸が存在しない。
  それぐらいかみ締めがひどい
 2.その歯付近の歯茎が炎症を起こしやすい
 3.結果炎症を起こして死んだ歯茎の細胞が歯の内部でたまる。
  歯内部で化膿してさらに歯茎に炎症を引き起こす。

ってことが起こっているらしい。
らしいっていうのは、私もあんまよくわかってないから(ぁ
で、今までは痛くなってから歯医者いっても歯茎とかあんま荒れてなかったのよ。治療してもらってから2日ぐらいで歯茎は普通に戻ってたし。(痛みは続いていたけど。
でも今回痛みはじめてすぐ歯医者いったのに、治療してもらってから3日経った今になってもまだ歯茎はれてる(当然めちゃくちゃ痛い。

で、今回のタイトル。
今まで痛みを感じてたのは歯の内部の神経だったみたいなんだけど、
今回治療してもらった際に検査したら、歯の中の神経すべてお亡くなりになられたそうで。
つまり、いままでは膿がたまりだした段階で歯の内部の圧がかわって、
神経刺激されるから、その段階でいってもまだ症状軽かったけど、
今回は歯の内部に膿がたまりきって、歯の内部から膿が漏れようと歯茎側を圧迫しはじめた段階ではじめて痛み始めたから、いままでより重症と。

理論的には当然な帰結だけど、よくかんがえるとあれだよね。
痛みに鈍感になるっていう怖さ?
保健の授業とかでやらなかったかな、無痛症の患者の話とか。
痛みを感じないから、自分が大怪我負ってても気づかない、
気づかないまま死んでしまうっていう話。

なんか授業でやったときとか、あぁそういう人もいるんだなぁ
みたいな遠い話っていうのかな。でも違うんだよね。
当然怪我とかで神経が切れる場合もあれば、
老化で神経が磨耗するっていうこともあるだろうし、
あるいは痛みに慣れてしまえば鈍感になる。

んー何がいいたいんだろ。
なんか自分でもうまくまとまってないけど漠然と怖いなと。
とりあえずなんか外に向けて発信でもすればすこしは怖さ紛れるかなとか
そんなかんじ?
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 明日の夜明け. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。